活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

月待ち蟹(渡り蟹・ガザミ)入荷!お待たせしました!

JUGEMテーマ:グルメ

月待ち蟹(渡り蟹・ワタリガニ・ガザミ)そろそろですね。。。

入荷しました!
カニです!
年末にかけて美味しくなるワタリガニのメス。
うちでは味噌汁です。
 ワタリガニ味噌汁
美味いですよ〜!

ワタリガニは結構いろんな所でとれますが、
山口県で有名どこは宇部です。
「月待ち蟹」と呼ばれているそうです。

先般、山口県の素材&料理を紹介する、県の冊子?かリーフレットか忘れましたが、
写真を使わせて欲しいとご依頼がありましたので、
別にコピーライト表示なしで了解しました。
どこかで、↑ こんな写真をお見かけの方、見た方は「ははん!」と気付いてやってください。
フリー素材ではないですが、
もっと、このワタリガニという素材が注目されるためにも、
そうしたのです。

 
うちが、ワタリガニを扱う理由は、
活イカ等とはちょっとニュアンスが違っていて、
もちろん、地元「須佐」でも、萩市場でも水揚げされます。
ただ、年々他の魚介類と同じく、減少してきています。
 
乱獲だけが理由ではないと思います。
色んな理由をどんどん顕在化させてゆくためにも、
こういう、美味しくて、希少な素材の献立をお店でも出してゆこうと思ってるんです。

だって、美味しいもんはいつでもその時期には食べたいじゃないですか!



萩の金太郎(ヒメジ)の釜飯を作ってみる。


JUGEMテーマ:グルメ

萩の金太郎(ヒメジ)の釜飯ローンチ!

金太郎(標準和名ヒメジ)ジャパンルージュ数年前より、ブランド化の取組みがなされ、
現在、高級素材として注目を浴びている萩の元雑魚素材です。
詳しくは、こちら

 

 
色も味も良いので、もともとポテンシャルの高い素材です。
これからも、もっともっと知名度も市場価格も上がってゆくでしょう。
 
こういう、都心部へ向けた地域素材のブランド化活動に対し、
素材のある町という目で見られてゆく地の料理屋が、
積極的に活用してゆく動きは両輪でやってゆくことで、
もちろん、萩でも早々に「萩の地魚提供店」として連携・推進をとられています。
 
「仲間に入れてくれ」
と頼んだら、入れてくれなかったので、(-_-;ウーンなぜ?

うちとしても、もともと萩魚で商売していますが、
(ってゆうか、根こそぎ地域漁協は萩漁協に合併して市場は一本化されてますから。。。)

普通に、これからも萩の地魚を活用してゆくつもりではあります。
 

釜飯に!

自家製でオイルルージュ(金太郎のオイル漬け・・・・コンフィのことです。)を作ったのは、
丸ごと食べれるようにしたい様々な料理のためで、
その一つが、釜飯です。
 
釜飯は、昔から梅乃葉ではやっているんです。
評判も良く、主に、会席の場での献立でですが、
ご感想の大半に「釜飯が美味しかった」が常にありました。

店舗メニューでは、「イカ釜飯」が季節メニュー(冬春)としてありました。
本年初頭より、釜飯のオペレーションを改善し、
より安定した提供が可能になったため、
いろんな素材で提案させて頂いております。
 
で、以前よりやりたかったけど、骨の硬さがネックになって、
躊躇していたのが金太郎くんです。
コンフィにして骨を柔らかくするというプロセスは選択肢にあったんですが、
全体のバランスを鑑み、一時棚上げしていたところ、

奥田さんの視点を学び再開発!
理にかなった美味しいものができました。


金太郎が丸ごと入った「金太郎釜飯」

頭から尻尾まで骨まで入ったまんまの
金太郎(ヒメジ)の釜飯です。
オイルルージュの仕上げをもう一段柔らかくし、
更に骨の柔らかさを加減しました。
生米・野菜・出汁・金太郎(オイルルージュ)を一緒に、
一気に炊き上げ、
アツアツの炊きたてを召し上がって頂きます。


肉や魚でも、多くの食材には脂質があり、
脂分がいい味加減を広げてくれますが、
金太郎の旨味は、上品で普通に釜飯に切り身だけを入れても、
美味しいんですけど、パンチはなく、非常にあっさりした仕上がりになります。
 
繊細な味の落ち着きどころを求めるならそれで全然OKなんですが、
うちはなんてったって、街場の飯屋(笑)、梅乃葉ですからね。

口に広がる「金太郎」の旨味を全部釜飯に広げたいと考えました。
そこで、便利なのがオイルルージュです。

金太郎そのものを食べやすくしてくれるのと、
調理過程でできるオイルが、ハーブの香りと共に、
それだけで野菜を炒めてもおつな一品になるくらい、
金太郎の骨や身から味や香りが移ってるんです。


オイルルージュの、身にまとう程度のオイルが、
金太郎の味と香りを広げてくれます。
 
美味いですよ〜!

仕上げにお好みでブラックペッパーを一振りすると、
おっ!
ちょっと、化けます。お試しください。

ひと味もふた味も違う「萩の金太郎釜飯」是非、お楽しみください。

オイルルージュ(金太郎のコンフィ)を作ってみる。#金太郎レシピ

 JUGEMテーマ:グルメ

オイルルージュ(金太郎のコンフィ)を作ってみる。。。

雑魚から大出世を成し遂げている、新たな萩のブランド「金太郎」。
詳しくは、こちら

ホントに、雑魚だったんですけど、
けっして不味いというわけではなく、
逆に美味しい魚としては認知されていたんですが、

小さいが故に、
小骨が硬く多いが故に、
料理する側もなんとなく価値を広げることもなく、
捨て値のような市場価格のまま、
萩の庶民の小魚として親しまれてきました。
 
大半は、干物加工行きのようでした。
うちの爺さんも、昔はいりこや甘鯛の干物加工をしていましたから、
金太郎もしていたそうです。
(味醂干しのような醤油で味付けた干物だったそうです。)

萩らしい献立を組むとき、意識して扱うこともあります。
仕入れれば煮付けや天ぷら、酢物、大きいものはお刺身にして、お出ししますが、
確かに、今まで積極的に取り扱うことはありませんでした。
 
が、萩市のスペシャリスト達がブランド化を仕掛けて、
今では、市場価格もうなぎのぼり、
セリで、仲買が「買えない」とぼやくほどの人気ぶり。

大した出世です。


アルケッチァーノ(山形)奥田氏の刺激を受けて。

先日行われたイベントの交流会&懇親会で
ガッツリ奥田氏の思考法というか、素材の捉え方を学び、
ずっと、自分がやりたかった料理を進めるヒントを得ました。
(料理自体はアルケッチァーノ路線ではありませんが。。。)

そのための、下ごしらえが、
この金太郎のコンフィ「オイルルージュ」です。

このオイルルージュ、萩しーまーとさんの手により既に商品化され、
販売されています。
当初、こうした加工品をそのまま料理に利用しようと考えたんですが、
想定している味・状態ではなかったので、
結局自分で作ることにしました。
(↑いや、これはこれで美味しいんですよ。洋食なら尚更応用範囲も広いし、お土産にも料理好きの方にもスンゴクおすすめの商品です。)

金太郎のコンフィ

低音の油で火を通す調理法ですが、
馴染み深いのはオイルサーディンですね。

片口いわしをコンフィにしたものですが、
修行時代やここ田舎に帰ってきてからも、何度も作りました。
個人的にいわしは大好きでしたし、新鮮なものは常に入ります。
ハーブにもよく合い、出来たオイルサーディン自体もいろんな料理に使えますからね。

というわけで、早速作ってみました。

オイルルージュ・レシピ(梅乃葉風)

1.先ずは新鮮な金太郎を入手!
金太郎は、小魚ですが骨が想像以上に硬く、厄介です。
同じ金太郎でも小型のものを選んだほうがやり安いでしょう。

2.鱗、頭、内蔵をとり、洗います。
※写真は頭もとっていますが、
小さいものは、うちでは頭をつけたままやります。(エラはとりますよ)
ここは普通に頭を取ってやったほうがいいでしょう。火の入り方も若干違ってくるので。

綺麗に洗いましょう。歯ブラシかなんかで優しく素早く!


3.10%の塩水に2時間漬けます。
うちでは、山口県産日本海の天然塩&アルカリイオン水を使っていますが、
一般的な塩と水でも問題ありません。
10%塩水2時間って、結構カツンとした塩加減です。
ご家庭で、そんな長く日持ちさせる必要がない場合は、1時間にするなど、
お好みの塩加減を見つけてみてください。



4.塩水から引き上げ、水気をよくとる。
ペーパーか何かでしっかり拭きとります。



5.オーブンがある方は、オーブンに入れられる深型の容器を用意します。
ない方は、フライパンや鍋で直火でもできます。(ですが、めんどくさいですよ。)
圧力鍋を使う方法もありますが、さじ加減が難しいので、
何度も作ってみたい方は挑戦してみてください。



6.容器に、金太郎を並べ
お好みの油(一般的にはサラダ油でも十分です。オリーブオイルと半々でも!)
お好みのハーブ類(好みですので、お好きに)を入れます。
ブラックペッパー、にんにく、鷹の爪、ローリエ、等あまり多く入れる必要もないです。
特に、金太郎はいわしと違って、蛋白な白身の魚ですから、強い香りを付ける必要はあまりありませんが逆に好みの香りを付けることもできます。
お好みの風味を狙うか、締りを与える程度の香りでいいのではないでしょうか。

うちは、油は太白胡麻油、黒胡椒、山椒の実、生姜でやっています。(今後変わるでしょうけど、こういった路線の味が欲しかったので。。。)



7.アルミホイルで蓋をしてオーブンで150度1時間120度2時間〜。
ここはなんとも微妙ですが、金太郎の大きさ、処理の状態で加減しています。
途中、食べてみて、骨の柔らかさを確認してみてください。
硬ければもう少し火をいれます。


鍋を使って直火でやる場合、
沸かし過ぎないよう、見ていなければなりません。
大きな泡がボコボコ出るようでは火が強すぎです。
小さな気泡じょうたいの泡が静かにシュワ〜と出ているくらいが丁度いいです。


どちらにしても、温度が高すぎたり、長すぎたりすればするほど、
身も崩れやすくなります。
いわしとかと違って、箱で仕入れると、結構大きさ不揃いなんでコレには参ります。
大きさを揃えて、基本の温度と時間を先ず見つけることがポイントかもしれません。
※魚屋で仕入れる時は、大きさは揃っているでしょう。



8.ゆっくり冷まして容器に入れて保存してください。
冷蔵庫で、一週間はもってくれるでしょう。

そのままでも、酒のあてになりますし、一品でいけます。
崩れてしまった身は野菜と炒めちゃっても美味しく食べれます。

使った油は、普通に炒め油にも使えます。



※ 現在、うちのレシピは微妙に変わっております。(追記)

以上、すこぶる簡単に書きました。
写真が随分端折ってて親切ではないんですが、
コンフィなんぞ、ご家庭でやる方はよほどの料理好き。
感覚で分かって頂ける・・・・かな?(←いいかげん)



というわけで、うちが何に使うかは、近日アップ致します。
試作を重ねていますが、自分でもビックリするくらい美味しいものができました。
ではでは!

伊勢海老よりも美味い!?ウチワエビ (団扇海老)の味噌汁

JUGEMテーマ:グルメ

ウチワエビ(団扇海老:エビ目(十脚目)・セミエビ科・ウチワエビ属)

萩市場でも珍しくない「ウチワエビ」です。
水揚げ量はひところより減っているということで、
いつしか、うちでも使う機会は減っていたのですが、
久しぶりの仕入れです。


伊勢海老よりも美味い!?とまで言われることもあるそうですが、
実際、鮮度が高い捌きたて、調理したての味は、なるほど納得の味です。
 
身も多く、濃厚で甘みのある身、味噌も新鮮なうちは格別です。
こう、素材がいいと、何をしても美味しいもので、
個人的に好きな焼きガニにすると、熱いうちにオリーブオイルをちょっと垂らし掛けて食べるだけで、卒倒しそうになる美味さです。
 

甘くて濃いウチワエビの味噌汁

現在、うちでは味噌汁にしてお出ししています。

うちで活イカに使用している調理バサミは、
もともとカニバサミですので、それと、カニフォークで、隅の隅まで召し上がっていただきます。
美味いですよ〜!
定食の味噌汁に替えて注文もできますので、
気軽に楽しんでください。

つくづく、萩の海の素材の豊富さに脱帽。
魚種の多さでは日本屈指だとか。
潮の流れもはやく、それに耐える魚の身の締まり、
工業地帯もなく(田舎?)海のクリーンさは、圧倒的です。
こんな海の素材を極力シンプルな料理でお出ししてゆきたいと、
思うこの頃です。。。

モロトカゲアカエビ(縞エビ):節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱-エビ上目十脚目抱卵亜目-タラバエビ科モロトゲアカエビ属

 JUGEMテーマ:グルメ

シマエビ(縞海老)

モロトカゲアカエビ

モロトカゲアカエビ:
節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱
エビ上目十脚目抱卵亜目
タラバエビ科モロトゲアカエビ属



萩では、よく揚がるようです。
何やらバイ貝が揚がる時によく揚がるとか(←事実かは未確認ですが)。

赤々としていて、くっきりとした白い縞模様が特徴です。
甘エビの中でもピカイチの甘さを誇る高級甘エビです。
 
あまり市場で高値の時は無理をせず買いませんが、
それなりに安い時にうちでも仕入れ、提供しています。
 
生で食べれば、濃い甘味が鮮烈で、ねっとりとした食感と一緒に、
口に中いっぱいに旨味が広がります。

焼いて更に甘さを際立たせ、プリッとした食感を楽しむもよし、
天麩羅などは余計に甘さを感じます。

汁で食べると、ちょっとした贅沢な味わいに、にやけてしまいます。


本種も、例にもれず資源として減少しており、
そのうち稀少性の高い高級甘エビとして、
存在するのかもしれません。



白魚(しろうお)出てます。。。

JUGEMテーマ:グルメ

白魚がいい感じです。

先日より、うちにもシロウオが登場しております。

なんともちっちゃないのちです。
 
春の訪れと共に、海から川に遡上してゆくチビたち。
風物詩としてとっちゃっていますが、
味わいもなんとも淡いものです。

 
いろんな料理には出来ますが、
シロウオだから美味いという料理法というわけではありません。
が、料理に使われていれば季節を感じさせてくれる素材ですよね。

ワインでいうところのボジョレー・ヌーヴォーのようなもんだと思いますので、
活きてるものをあれこれ調理するのは、どうも蛇足のような気がして、
うちでは、もっぱら「踊り」のみで提供しています。

水道水で活かしながら提供すると、
塩素の影響もありますし、しばらくすれば死んでしまいます。

しかし、うちはお客様の飲み水(お冷)や、
ほとんどの調理で使用しているアルカリイオン電解水の弱アルカリ水を容器に入れ、
シロウオを入れてお出しします。
ご宴会で提供する時など、宴会終了時まで活きている程違います。

 
今年も元気に遡上してくれた。
春を知らせてくれた。
川が健全だと教えてくれた。

そんな縁起物のような小さな命です。
しばし、お楽しみください。
 
あ、うちのシロウオは店のそば、すぐ隣に流れている川でとっております。
須佐の川は大概遡上します。
萩市のシーズンが終わっても、須佐ではとれるので、萩の市内業者も買いに来るそうです。



萩産ヨコワマグロ

 JUGEMテーマ:グルメ

ヨコワマグロを漁師から直接いただく!


昨日夕方、船から一報が、



今、帰りよるけど、
     ・・・マグロいる?




「YE━━ d(゚∀゚)b━━S!!」
「いるいる!!」


ということで、港へε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ ふははは。

ヨコワマグロ1
ヨコワマグロ2ヨコワマグロ3
ようもまあ、一人で小型船で、一本釣りで、こんだけ釣れるなあ。。。

松方さんが釣ったような大型は、どのみち築地へ回るし、高値で手が出せませんが、
ぼちぼちの小型の中でも、丸々太ったヨコワマグロ(黒マグロの小型)で、この捕れたてで手に入るんですから、
正に地元の特権!m(;∇;)m うれしすぎるっ!

旨味か食感か!?

マグロなどの赤身魚に限った話ではありませんが、
こういう身肉は熟成させたほうが美味いのは美味いんですが、
捕れたての張りのある身の食感というのも醍醐味です。

地元でも、ワカナ(ブリの子)ですら捕れたてで食べる方が好きという方と、
少しでも熟成させて食べたいという方と分かれます。

熟成させた身は確かに旨味成分が活性化して美味いです。
それに加えてヨコワとは言えサシの入ったトロ周り・腹上等はこの上なく美味です。
で、大型の黒マグロに比べたら、桁違いに安いんですから

引換に身の張りは徐々に失われ柔くなってゆきます。
って言ってもその違いは、
捕れたての身の食感を知らなければわからない僅かな差ではあるんですが。


「とれたて」の醍醐味は、港町の特権です。
今季、頂くのは3回目ですが、(しばらく時化もありましたし頂けておりませんでした。)
今日はヨコワで楽しんでいただきます。

ま、土日に向けて頂いていれば沢山の方にご提供も出来たのですが・・・。

それはそれ、先ずは、これ!

ヨコワマグロのユッケ
や、
お造り
にてお楽しみください。

萩産鰆(さわら)の塩鍋

 JUGEMテーマ:グルメ

鰆が今年はスンゴイ出てます。

鰆

萩はよく鰆が捕れます。
まだ小さいうちは「さごし」と言って、かなり安値で市に出ていますが、
まあ、あまりにたんぱくで、味わいが薄いので、仕方がないとも思いますが・・・
正直、「とるなよ。。。」と言いたくなります。

しかし、そのくらい大きくなった鰆は、すこぶる美味いんですね。
脂が乗った身を刺身で食べるのはややくどいですが、
焼き物にすると、至極絶品です。
 

鰆の柚庵焼き

この時期には柚子も出ていることから、
もっぱらウチでは、柚庵焼きです。

醤油・味醂・酒・柚子の漬け地でひたし、
香り高く焼きあげると、
なんとも至福の心地良さです。

梅乃葉の冠定食である「梅乃葉定食」では、
よく、この「鰆の柚庵焼き」を石焼でお出ししております。
もちろん、塩焼きでも美味しいのですが、
醤油の香ばしさと、柚子の香りのアクセントは本当に相性が良いのです。
 

鰆の塩鍋

ところが、今年はどうしてもご提供したかった料理があったんです。
それが、塩鍋です。
塩鍋アップ
新鮮な活きた素材を手に入れた時ほど、この料理をします。
沖縄料理で言うマース煮みたいなもんですね。

友人に石鯛でこのマース煮をやっている話を聞いて、
それ以来、様々な素材で試し味わってきました。
何が美味いって、素材そのままの味を、楽しめる点ですね。

真水では旨味が逃げやすいところを、
塩水によって程良く留め、
しばらくすると、最上の吸い地が出来るため、飲んでも美味い。

鍋に仕立てたのは、この時期だからというのもありますが、
この美味い吸い地の染みたお野菜が又格別なのです。

脂の多い鰆でやると、余計な脂が洗い出され、
ほっこりと張りのある身をそのまんま食べても、
程よい塩加減が塩梅よく、鰆を楽しめます。

「イカがでポン」と好相性!

イカがでポン
(写真はカワハギの鍋です。)

更に、絶妙なのが、ウチで作っている甘口の柚子ポン酢醤油「イカがでポン」との相性が抜群なことです。
※イカを蒸したり、焼いたり、あるいはしゃぶしゃぶにしたイカの身に、
最適な柚子ポン酢を作りたくて2年前より商品化・販売もしています。

そのままでもいけますが、
「イカがでポン」をちょいと付けてお召し上がり下さい。
鰆の塩鍋にはまること請け合いです!

アルカリイオン電解水にて


うちではお客様のお冷、お米の炊飯や煮焚き物全般をアルカリイオン電解水を使っています。
塩素や匂いの成分などを完全に除去し、電気分解でアルカリと酸性に分けて取り出したアルカリ水をメインで使用します。

飲水としても健康によく、コーヒーに使えば、山の清水を使った時と同じようにまろやかになり、
電気分解されているため、分子構造が整然と細かくなっており、
調理上の素材に対して浸透率が圧倒的に高く、イカや貝類を煮る時など、収縮の度合いが低いのです。

その水を、塩鍋にも使っているのです。
炊き上がるのが早く、素材への浸透も早いため、素材が壊れすぎないうちに仕上がります。
梅乃葉の隠れた優れものです。

日本海の天然塩「最進の塩」

あまり告知してなかったので、店内のお客様もお気づきにならないことがほとんどだと思いますが、
イカゲソの天ぷらなどを召し上がる時、たまに塩をお求めになられます。もちろん、用意はしていましたが、何の塩なのかはご説明をまったくしておりませんでした。(失礼しました。)

実は、当店で、お客様にお出しする塩は、日本海の塩、それも、山口県下関で精製されている、天然塩「最進の塩」です。

※最進の塩は、響灘に続く山口県下関市吉母浜の、澄んだ海の水からつくる、
国産平釜塩。普通の精製塩とは違い、多段式平釜製法(特許取得)で造っています。
その素晴らしさは、海水の中のにがり成分がそのまま残っているという点に集約されます。

最進の塩

日本海で獲れた魚を日本海で採れた天然塩で調理する。

塩鍋にももちろん使っています。海水ほどの濃度では流石に辛くなりますので、飲める程度ですが、
日本海のミネラル成分たっぷりの天然塩で作る塩鍋の中は、まさに、日本海そのものを再現しているのです。
天然塩は角が丸く、やさしい塩梅に仕上がります。
鰆、野菜、そして日本海の天然塩で塩鍋は作られています。


鰆の塩鍋定食と梅乃葉定食にてご提供!

梅乃葉定食鰆塩鍋
12月の梅乃葉定食(鰆の塩鍋・風呂吹き大根柚子味噌掛け)
にも、小鍋にて提供。

鰆塩鍋定食
鰆の塩鍋定食

鍋のラインナップはまだまだ増えてゆきます!
冬から春にかけての新メニューは、これからどんどん増えてゆきます。
お楽しみください!

サンフレッチェ広島御一行が堪能した萩産磯づくしメニュー

JUGEMテーマ:グルメ
 

サンフレッチェ広島御一行


今日はちょっと、スタッフが興奮しておりまして、Jリーガーの皆様のご来店でした。
前日より、強風の中、須佐でレジャーを堪能し、本日はウチへ。ありがとうございます。
大変、リアクションも良く、ご提供してても気持ちよくなる御一行でした。
 
御一行が召し上がったのは、全てお店で提供しているものですが、
組み合わせは特別に設定したもので、萩市須佐の磯の味がテーマです。

活イカ姿造り(須佐男命いか)

活イカ
まあ、先ずはともあれ、コレですね。
不安定さはあるものの、ぼちぼち、捕れ始めている「須佐男命いか」の活イカです。
透き通る肢体、歯ごたえのある触感、旨味と甘みを、活きてるまんまの状態で召し上がって頂きました。

で、更に、

イカ下足の天ぷら


イカの下足やエンペラの皮付きの部分を天ぷらで!

で、更に、

イカの浜焼き


備長炭の炭火で、炙って食べて頂く、浜焼きも!

天ぷらも、浜焼きも、加熱することで更に味を活性化!
炭火にいたっては、味も濃縮され、イカ好きにはたまらない味わいです。

イカの旨味を、「生」・「揚げ」・「焼き」で楽しんで頂きました!

北浦の赤ウニ

赤ウニ
そして、5月より解禁となった北浦産「赤ウニ」です。
鮮烈な磯の味。甘み、味の濃厚さでは、世界最高峰クラスです(笑)。
殻付きの活きてるまんまの赤ウニの味を堪能して頂きました。
メチャ美味です。

萩産貝汁


そして、磯の味わいを凝縮した、貝汁です。
本日は、亀の手(鷹の爪・地蔵の手)と呼ばれる貝がメインでした。
汁を飲んだ後は、貝を破って中の身を食べれます。

お店では、この時期、ボイルのみのサイドメニューでも提供しています。

こんなんです。
 

萩産絹もずく


萩産の絹もずくを、梅乃葉創業以来の味付け、生姜酢味噌和えで召し上がって頂きました。
実は、これ、美味いんです!もずくが苦手な方でも食べれるくらい味わいがしっかりしています。


他には、お総菜として、ひじきの炊いたものなどをお付けし、大目のご飯でガッツりいってもらいました!!





最後に、皆さんと!

ありがとうございました!!

「萩の初夏の磯御膳」・・・出てます。

萩の初夏の磯御膳

JUGEMテーマ:グルメ

磯御膳
 
GW期間よりローンチされた新メニュー萩の初夏の「磯御膳」、出ております。
あえて、活イカ以外の磯の素材で構成された献立になっており、
活きウニ(黒)・絹もずくの他に、ドーンと磯の貝汁が目を引きます。
 
貝汁は、通常の倍以上の大きさの器に磯の貝がぎっしり!
椀蓋を開けると磯の香りが、パッ--と広がります。
 
この時期は「地蔵の手」を中心にアサリ・サザエ、たまに他の貝も混ざります。

(↑地蔵の手)


萩で捕れた萩の磯の魅力を詰め込んだ膳です。

是非、お楽しみ下さい。





<< | 2/3PAGES | >>