活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

珠玉の逸品!「イカの肉味噌丼」ローンチ!

 JUGEMテーマ:グルメ

イカの回鍋肉(ホイコーロー)風丼が登場です!

このGW直前のタイミングで、新たな新メニューの登場です。
梅乃葉のイカを使った丼シリーズに新たな一品が加わります。
しかも、絶妙にご飯がススム王道的味付けの「肉味噌」の丼です!


肉味噌って言っても「イカ」の肉ですよ。

それも、もちろん、ケンサキイカです。(←バカでしょ?)

普通、ケンサキイカでこんなことするヤツいないんです。
安いスルメイカか外国産の聞いたこともないイカで、
原価を抑えて作るのが一般的です。

なんで、やるのかって?

須佐だからです(笑)
で、うちだからです(笑)


「イカの肉味噌」実はこれは、
梅乃葉が昔から調理上使っていた「基礎イカ調味料」(笑)で、
もはや、梅乃葉にはなくてはならないものなのですが、
ケンサキイカの旨味を濃縮しペースト(そぼろ状)にしたものです。
イカニューブミンチ

イカ料理を嗜む方ならなんとなくわかると思うのですが、
イカは脂分がないので、調理中、肉や魚のようにジュワーッっとイカの旨味が広がるというのは実はあまりないんです。
もちろん、風味やイカの香ばしさなどが広がることはありますが、
イカって、本来もっと旨味を持っているのに、その旨味が料理の中に染み込まさせるには、
煮炊きして煮含めるのが一般的です。

しかし、イカのプリっとした食感を活かしたい料理等、
短時間でイカの旨味を出したいときなどには、
このペーストが役に立つんです。
(イカの釜飯等にも使っています。)

で、このペーストと野菜を蒸し煮しながら水分を飛ばしたものに、白味噌を掛けあわせたものが梅乃葉のイカの肉味噌です。
美味いですよ~!

そのままでも、酒のアテ、野菜サラダやスティックなどにのせて食べても美味いですし、
冷奴・湯豆腐とも好相性。麺類に載せたり、炒めものに混ぜたり、お出汁でとけばイカの味噌汁になります。(笑)
油脂は一切入っていないので、逆に料理の中で足すことで、様々なアレンジがきき、
レシピは考えるだけでもめちゃくちゃ広がります。


「生」・「揚」・「焼」に続く「蒸したイカ」

そんなイカの肉味噌と、甘味のあるキャベツや葱とともにイカを酒蒸しにしたものにブレンド、熱々のご飯に載せて食べるだけなんですが、これが絶妙です。
あれこれ素材や調味料を足して、味を広げることはできますが、
シンプルにストレートにイカと肉味噌を楽しめる丼に仕立てました。

甘味のある白味噌がイカの濃い旨味と一緒になって、ご飯をすすめてくれます。
イカやキャベツのプリっとした食感も蒸しならではの味わい。

まかない丼や活イカ丼での「生」、
イカ天丼での「揚」、
ネギ焼き丼での「焼」
そして、イカの肉味噌丼での「蒸」

と、ようやくここまで揃いました。(笑)

GW期間中も提供いたします。
是非、お楽しみ下さい。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック