活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

ウニ勝負!!萩産「北浦」の活き赤ウニVS北海道「礼文島」直送生ウニ Vol. 1

やっとアップできました。

ウニ勝負!




北浦(きたうら:山口県北部(旧長門国阿武郡・大津郡)の通称)のウニは加工品も多く、ウニの産地としても有名ですが、板(舟)にのったウニは論外として、ウニ本来の味は、美味いのはわかっていますが、どこまで美味しいのか!?何と比べて美味いのか!?と、常々思っておりました。

梅乃葉で今年から安定供給を開始した活きてるまんまの活きた生ウニは、絶品です。ウニを獲ってくれている漁師もプロ中のプロです。ウニの身があるかないか、色は悪くないか、9割以上の確率でそれを見通し、生きてるまんま供給してくれます。(←これ、凄いでしょ!)

そのプロの漁師が、

北海道のウニは大味だね


と、切って捨てます。

「それは、凄い!」と思いつつも、私も料理人の端くれです。食べてみなけりゃ納得できない性質でしたので、とうとう、やっちゃいましたウニ勝負!!
  
  

対戦相手は!!

どっかで見たんだよなあ・・・と思い出しながら、直ぐに行き着きました。○天市場で、トップ独走する北海道「礼文島」直送の無添加の生ウニ。販売もちょうど開始されていたので、迷わず、対戦相手を選びました。「ウニといえば北海道」というイメージは結構一般的です。その巨大なブランドとガチンコ勝負しなきゃ意味がないですからね。
 

先ずは、北浦でも赤ウニと同等の品質を持つ「キタムラサキウニ」です。梅乃葉でも、赤ウニとムラサキウニを両方お出ししています。

ほぼ同種のウニの差がどれほどあるのかはっきりさせたいからです。

そして、かの有名な「エゾバフンウニ」です。1年のうち3ヶ月間しか漁期がありません。

更に、その「エゾバフンウニ」中でも、同ショップが高級料亭に出荷するという「プレミアムタイプ」というのがあるんですが・・・・・、その更に上をいく「スーパープレミアムタイプ-エゾバフンウニ」というのを選びました。これは、同ショップが「世界最高ランク」と評しているこれより上はないという自信が伺えるものです。

無添加状態(塩水パック)での即日出荷とはいえ、届くのは2日後です。そんな差を考慮しつつも、どれだけの差があるものなのか!!???
   
  

第一ラウンド

 
地元萩産「北浦」の赤ウニ
赤ウニ
 
    VS 
 
北海道「礼文島」産の「キタムラサキウニ」

キタムラサキウニ
(謝)すみません。子供の前でやってたもので、ウニを次々と奪われながら(←嫁さんも加わってます)の撮影に、あせっておりましたので、ろくな写真がございません(_人_)



これは、一口目ではっきりわかりました。
味覚に関しては、
「北浦の赤ウニ」の
ぶっちぎり勝利
です。


「キタムラサキウニ」は、旨味の濃度も薄く、一本調子、味の広がりが単調という印象ですいわゆる大味ですね。食感も、柔らかいため、口解けはいいのですが物足りない感じです。(この辺は2日後というタイムラグを考慮しても、赤ウニの身はしっかりしています。)


これは、北浦の赤ウニと比べてという意味です。
※くれぐれも、このショップで購入されている方、喜んでいる方を否定しているわけではなく、私の私見です。

北浦の赤ウニが負けてる要素は、見たら直ぐにわかります。

大きさです。

こんなに大きな粒は、視覚の上で充分食卓を賑わしてくれます。色も明るいのが揃っていますが、それは、選別の過程を知りませんので、どんな割合でこういった色合いなのかはわかりません。ただ、あくまで味や生態に関する情報で鑑みると、食環境の差がそのまま出ているのではと考えます。(まあ、そのへんはもっと勉強します。)

と、いうわけで、第1ラウンドは、萩産「北浦の赤ウニ」の勝利とさせて頂きます。

第2ラウンドは次回です!




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック