活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

剣先イカ・ヤリイカの分類


「須佐男命いか」は、山口県萩市須佐の

須佐漁港であがる全ての活きた状態の剣先イカだけに、
 ネーミングされたブランド名です。

実際、剣先イカやヤリイカは

軟体動物の中の頭足類ツツイカ目

ヤリイカ科(ジンドウイカ科)という学術分類されています。

更に、そのヤリイカ科の中には

アオリイカ(みずいか)や

ヤリイカ(ささいか・てなし・やせ)、
剣先イカ(ゴトウイカ・アカイカ・男命いか)、
 ブドウイカ(白いか)
 ジンドウイカ

等が主に日本で獲れる。
※ちなみに北海道函館で有名なスルメイカは、
      同じ仲間ではない。

ココあたりで、日本全国

名前がおかしくなっている。
アオリイカなら、形の違いはわかるけど、
他は一般の消費者には見分けは

難しい。

だからといって、アオリイカ以外のイカを全部「ヤリイカ」
 として流通させたり、市場で出したりしていいという

理由には到底ならないが、実際は以外に多い。

それを買う仲買や料理屋も、たかがイカの種類など

言及する気もなく、そのままの名前を使い、
 意外と寿司屋や料亭で違う名前で出されていることも
実際にあるそうです。

そもそも名前が違えば、その価値をはかる基準がずれていくので、
 イカの価値拡大には、そんな流通時の業者のモラルさえ

向上していかなければ、なかなか難しい。

「須佐男命いか」のこだわりが、
ブランドとして有名になることで、
そんな業界のモラルにも一石を投じることができれば、
 面白いなって思っています。







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック