活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

緋扇貝(ヒオウギガイ)解禁

須佐産「緋扇貝」が解禁しています。

緋扇貝は、帆立貝によく似た2枚貝で、
その色がカラフルなことで知られており、
隠岐や長崎・瀬戸内等いろんな所が名産地となっています。
 
育てているんですが、養殖という表現はあてはまりません。
餌付けするわけではありませんから。

ほったらかしなんです。
カゴに入れて、海中にぶら下げておくだけのことなんです。

海中の栄養分(陸地から河川を経て流れでてくる栄養分)が豊富で、
尚且つ海に適度な流れもあって水質が綺麗であること。
海は綺麗でも海流が早過ぎて陸からの栄養分が乏しいところではあまり育ちません。

とどのつまり環境に左右されるんです。

流れの強い日本海では2枚貝が育つ環境というのは限られています。
 

なぜ、須佐湾が緋扇貝の生育に適しているのか


もともと、過去に真珠の養殖をしていたなどの実績があるように、
須佐湾は陸からの栄養が豊富で、天然の貝類も豊富。
二枚貝・緋扇貝も普通に自生している環境です。


それに加えて、港湾開発から取り残された過疎地です。(エッヘン!)
浜田や長門等、大型の船の往来もなく、工業地帯も周辺にありません。
水質検査でも高水準(水産事務所調査)の環境です。

と、いうわけで、若手漁師達によって取り組まれているのですが、
年々少しづつ出荷量を上げてゆき、このたび成長したのものが解禁となりました。

帆立貝より濃厚で、甘い身は加熱すると更に美味です。

緋扇貝の蒸し煮

うちでは、蒸し焼きにします。
浜焼きもやりたいところなんですが、(炭火もあるし・・・)
二枚貝を焼くのはちょっとコツがいるんですよ。(ほっとくと失敗しやすいですしね。)

貝から出る汁を野菜に移して食べれるように、
野菜と一緒に酒蒸しです。

美味いですよ!絶賛提供中です!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック