活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

禁断の味。。日本海萩沖産マグロの脂丼

萩沖産ヨコワマグロ

萩沖産のヨコワマグロを又入荷していたのですが、
例によって、ヨコワとはいえ「大トロ」部は新鮮なうちに「まかない丼バージョンアップ版」の試食という言い訳を自分に言い聞かせながら(←軽い病気)確保。

他の身の部分は、もちろんお客様用の様々な料理へと解体されていったのですが、マグロはアラもごっついので、夜の宴席の酒の肴として煮たり焼いたり、ネギトロにしたりして出しちゃいます。

生き物の旨味は皮(皮下)にある!

そんな中、皮を見た時、つい衝動に駆り立てられて(試作という名の食い意地ですが・・)皮下の脂を包丁とスプーンでこさぎ取り、集めたものをまかない丼(バージョンアップ版)のタレと小葱で和え、熱々のご飯の上にのせてガッツりと!

「え!」っという衝撃と「あれっ!?」と一瞬迷走してしまいそうな味の違い。

美味いんです。やたら。「なんだこれ!?」っていうくらい

そのかわり、赤身の味が無い分印象がかなり違うんです。
「マグロを食べる」=「いつものマグロの味」
を頭の中では待ち構えていたのですが、
その味がないまま、あのマグロの旨味と甘味だけが口の中でジュワ〜と溶けて広がってゆくのです。
 
もちろん、よそったご飯とマグロの脂ネタは、無意識に一瞬でなくなっていました。

「なんという力を持っているのだろう!?」と改めて皮下の脂の魅力を感じました。書いて字の通り、体(月はたしか体を表していると習った記憶があります)の旨味と書いて、「脂」。(本当の解釈は違うかもしれませんが・・・・(笑))
新鮮だからこそ楽しめる、マグロの脂のぶっかけご飯という感じでしょうか。

表に決して出ることの無い梅乃葉の裏メニューですが、裏メニューランキングで軽く1位をかっさらってくれました。


萩沖産マグロのトロトロ脂丼(笑)


マグロのアラといえば骨目に残っている赤身をスプーンでこさぎ取って、葱トロによくしているのですが、
この身と、(隠し)よけていたマグロの大トロ部分、そして皮下の脂を、やはりまかない丼のタレで和えて、丼にして食べました。

もう最初から食べる気満々の丼大盛りご飯でです(笑)


「一瞬ですね」


もう1っ杯食べたくなったところで、横を通る嫁の指摘が怖くなり、 やめましたが。。。
まかない丼のバリエーションの違いは、多種多様な美味さをその時その時のネタの違いで表現してくれるのですが、この時期のヨコワマグロは、その中でも抜群ですね。

脂丼は出せませんが、マグロは意識してこの時期入荷していますので、ご来店時はお楽しみください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック